税金をただにしました!税金ゼロ

新潟市のいちばんはずれの限界集落に住んでます。異常にお年寄りが多い。

80戸ほどの集落で、町内会みたいなのがあります。

市街地では町内会長、区長みたいな役の人がいて、その下に班長みたいな隣組のまとめ役があるかと思います。

私の地域は昔から、その集落を「部落」と呼んでいます。そしてその長を「部落総代」「総代」と呼んで来ました

隣の集落、その隣も他部落です。集落=部落です。

10年ほど前から、「部落」と呼称するのはやめましょう。みたいな指導がありました。

私は、差別部落、穢多ヨツ非民の問題は知っていましたが、

ほとんどの人はその意味内容を知りません。

何で部落はダメなの? 当時のエライ役職の人に尋ねられて、説明しましたが、たぶん理解してもらえませんでした。

そんな「部落」に暮らして、いい年になりましたら「農家組合長」にされてしまいました。

住民のほとんどが農家ですから、農地の維持管理、会議費を、部落の「税金」として徴収して運営するのです。

町内会費的な「総代」の仕事よりも、農家組合の仕事のほうが、予算も多く、昔はかなり威張っている役職だったらしいです。


我が部落は、農地約100町歩=1000反=300、000坪=1、000、000㎡

恒例は、税金として、1反あたり、約1000円

前期(盆払い)600円 後期(暮れ払い)400円 の徴収でした。

一戸平均約2ha=2丁歩=20反=20、000㎡=200aの請求は

¥20,000円なのですが、

前期分の1反当たり600円の20反12000円をただ! 無料に決定しました。



私の「農家組合長」の立場はほとんど「政治家」です。

ただ、名誉職でありまして、収支は赤字です。(個人的に)

今までの無駄を省いて、臨時収入もあり(麻生太郎君のバラマキのおかげもあって)

支出が少なくできたから、徴収せずに済みました。



で、何が言いたいかと云うと、今までは伏線ですよ。

収支計算してると、困ったのです。

収入が多い、そして、支出が少ない!

  どうしようか?

恐らく、1990年以前の財務官僚は、このような贅沢な悩みをしたのでしょう。

予算を多めに分捕って、何がなんでも消化しなければならない!

このように考えるのでしょう。それが仕事だと「洗脳」されているのでしょう。

そのためには、「箱物」を作り、「特殊法人」「外郭団体」を乱立させ、「ファミリー企業」などをこしらえるしかなったのでしょう。(天下り先を作った人が最大の出世できるシステム)


   「間違ってます」

 みなさん!より良い日本を 「妄想}してください!

 最初は実態がないので「妄想」です。

 その妄想が修正されまして、実現可能な「想像」から 「目標」になります。

 一人ひとりの突飛な妄想から、「目標」→「実現」へ!

 日本を良くしましょう。 みんなが幸せになりましょう。


  すみません、ごめんなさい。

 読み返してみたら、何か変なんです。文章のつながりがおかしい。

 言い回しがしっくりこない。 ただ、大意はなんとか伝わるかな?

 今日も酔っ払いです。ほぼアル中、依存症は確実。


 付加金ただ(税金ただ)の快挙に祝杯を上げました。

 酔っ払いに付き合っていただきありがとうございました。

 
スポンサーサイト
プロフィール

かづ23

Author:かづ23
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

タマちゃんの暇つぶし

心・身・真アンチエイジング~自分の身体に耳を澄まして

父さんの倒産日記

知っとうや?

幸せに楽しむ「Happy Life」

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

みんなの早期リタイア独立宣言書

やっぱり、毎日がけっぷち

 未来に向かって Go! Go!

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR