スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボット3原則

最近は無人戦闘機とかロボットが戦争で人を殺しまくるらしい。

アイザック・アシモフ博士が現代を予想して作ったロボット3原則



第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。

第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。

第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。



SF少年だった私は子どもの頃、この文言を暗記することに必死だった。

ところが、最近はロボット兵器が人類を殺戮しまくっているらしい。

どうしてこんなことになるのか?

「金の為なら人間の1000人や一万人殺しても平気」な
お金至上主義の外道が政治や経済のトップに君臨しているから悪い。
「新自由主義」「金こそ全て」「勝てば官軍」

残念ながら、そんな外道しか出世できない仕組みの教育システムもおかしい。と、思う。

それらは、みんな「貧乏人のヒガミ」 と言われます。

消耗品の機械のほうが、「良心」があるんのかもしれない


  以下は「ロボットが自殺した?」という記事です


オーストリアのヒンターストーダーで、奇妙な出来事が起きた。小型の家庭用ロボット・クリーナーが、思いもかけず自分でスイッチを入れ、ホットプレートの上に登り炎上したというのだ。地元では「史上初のロボットの焼身自殺」と話題になっている。


新聞The Daily Mailによれば、ロボットは自分自身を「焼いた」ばかりでなく、部屋は火事になった。

消防士のヘルムート・クニヴァッサー氏、次のように報告している―

「家の持ち主の44歳の男性は、こぼした穀物を掃除するためロボット・クリーナーをテーブルの上に置いた。お手伝いがクリーナーを使った後、彼はスイッチを切り、台所の食器棚に片付け、妻と息子と共に散歩に出かけた。しかし主人一家が留守の間、ロボットのスイッチが突然オンとなり、テーブルを横切り、その途中にあったフライパンを脇へどけ、ホットプレートの上に這い登り、バーナーの上に『座った』。なお、なぜホットプレートにスイッチが入っていたのかは特定できていない。」

地元オーストリアの新聞Kroneは、ホットプレートは家の主人自身が、部屋を暖めるためつけっぱなしにしていたのではないかと見ている。

一方ロボット・クリーナーの持ち主は、予測不能で危険な製品を売ったとしてメーカーに賠償を求める考えだ。
スポンサーサイト
プロフィール

かづ23

Author:かづ23
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

タマちゃんの暇つぶし

心・身・真アンチエイジング~自分の身体に耳を澄まして

父さんの倒産日記

知っとうや?

幸せに楽しむ「Happy Life」

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

みんなの早期リタイア独立宣言書

やっぱり、毎日がけっぷち

 未来に向かって Go! Go!

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。