スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田植えの季節です

地震が来ようが、雹、あられが降ろうが槍が降ろうが、田んぼに苗を植えなければなりません。

その前に田起こしです。

田打ち、わたしどもの地域では、田打ち(たーぶち)と言います。

トラクターで、土を耕転します。

昔は、人力、鍬で起こしたのでしょう。

その後、牛で引いた時代もあったらしい。

私の子供の頃は耕運機でした。


昨日今日は、代掻きをしました。

掘り返した田に水を張って、ドロドロ状態に土を攪拌します。

そこに苗を植えつけます。

田植えは5月4日か5日の予定。



現在、私は昭和のトラクター、クボタサンシャイン24馬力に乗って田んぼを耕しています。

父が、昭和61年購入と、車体に書いているので、(中古)

たぶん昭和55年くらいの製造でしょう。

おんぼろ、ポンコツです。

一昨年はロータリーシャフト(くるくる回る部分)壊れて8万円

昨年はラジエターが壊れて6万円かかりました。

新車を買うと、500万円くらいするそうです。

1反当たりの売上げが、12~3万円しかありません。

うちは、田んぼは18反、180アールしかありませんので、

13万×18=234  総売上234万円

減反政策で60アール減反してます。

実質12反歩しか作れませんので、

13万×12反=156  総売上156万円。

経費がかかります。種を買って育てて植えるのです。

田植機が150万くらいするのですが、これは親戚から借ります。

トラクター500万

コンバイン500万

乾燥機200万

もみすり機100万

格納作業所 1000万

その他、動力散布機、噴霧器、草刈機、溝切り機、トラック、諸々

まぁざっと、3000万位の設備が要ります。

10年で償却しても年間300万

肥料代や農薬代もあります。


どうころんでも大赤字なのですね。

確かに機械貧乏してるのです。

便利で作業は楽になったのですが、

よそで働いて得た収入が農機具に化けてしまっているのです。

それが、趣味だから、道楽だからとしか言いようがありません。

私は親孝行のための農業をしています。

両親が健在で、私が農作業をすると、心から喜ぶのです。


でも、異状事態だとは思います。

日本の農業は趣味道楽でなんとか保っているのです。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

お疲れ様、ご苦労様です。
そして、ありがとうございます。

米こそ日本の根源力。
よろしくお守り、お育てください。
プロフィール

かづ23

Author:かづ23
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

タマちゃんの暇つぶし

心・身・真アンチエイジング~自分の身体に耳を澄まして

父さんの倒産日記

知っとうや?

幸せに楽しむ「Happy Life」

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

みんなの早期リタイア独立宣言書

やっぱり、毎日がけっぷち

 未来に向かって Go! Go!

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。