消費税廃止を訴えます!(活力ある日本を取り戻せ!)

税金、税制の矛盾、疑問は多々あります。
現実的には、1990年以前の元気の良かった日本に戻せ!
その当時の税制にとりあえず戻す!

その上で、私の主張する「理想の税制」導入する。
それが現実的なのかな?と思います。

 なるほどな。と思う記事を以下転載します。

マスメディアでは消費税増税が当然とでもいうような論調。
参院選の争点も導入は当然かのように、各党マニフェストに盛り込まれている。

まさに、庶民が生活に汲々としている実態を全く無視した暴挙とでもいおうか!


----------------------------------------------
◎◎これ以上の消費税増税はムリでしょう!!◎◎
----------------------------------------------

日銀の統計では、年収400万以下の世帯の収入に対する消費の割合は約90%、年収1000
万円以上の世帯の収入に対する消費の割合は約50%らしい。。。
非常に雑駁な計算だが、今の5%から20%になった場合、年収400万円の世帯が蒙
る増税額は、
400万円×90%×(100/105)×15%≒51万円!

現行400万円×10%=40万円が貯蓄とすれば、これを11万円上回る負担となる。
苦しい家計の中、さらに月一万円以上切り詰めて、やっと年間1万円の貯金が出来
る計算。。。

ちょっと想像力を巡らせると消費税増税がいかに暴論かがわかるだろう。。。


----------------------------------------
◎◎気がつくと税制は変わり果てていた◎◎
----------------------------------------

さて、一方、日本の税制であるが、
累進課税制度の最高税率は
1983年まで8000万円超は75%だったのが、
1984年~1986年8000万円超は70%
1987年~1988年5000万円超は60%
1989年~1994年2000万円超は50%
1995年~1998年3000万円超は50%
1999年~2006年1800万円超は37%
参考:現在1800万円超は40%

ご覧のとおり、
凄まじい勢いで高額所得者の税額が軽減され、

同様に法人税についても
1984年 43.3%
1988年 42.0%
1989年 40.0%
1990年 37.5%
1998年 34.5%
1999年以降 30.0%

と税額が軽減、

その穴埋めに充てられているのが、逆進性の高い消費税。

1989年3%でスタート
1997年5%に増税

財政難を理由に先々20%まで必要と執拗に増税の必要性を訴える財務省。

多くの国民が貧しく苦しいのは、日本が貧しくなったからというより、従来自分
のところへ回ってきていたお金が、ゴッソリ大企業や高所得者層へ移転したこと
が大きいのだ。

庶民の苦しみをよそに、この30年間に移転した富をまんまと自分の懐にしまい込
みながら知らんフリを決め込んでいる高所得者層と大企業。。。


--------------------------------------
◎◎税制の変化と経営者等の意識変化◎◎
--------------------------------------

また、この税制の変化で起こったことは膨大な富の移転だけではない。税制の変
化が企業経営者等の意識をも変えた。。。

累進課税である所得税の最高税率は1983年まで8,000万円超は75%だった。(ちな
みに2,000万円超は55%)

つまり単純化すると、例えば1億円の所得があれば、2,500万円が自分が手にする
ことが出来る金額で、7,500万円は税金として国へ差し出さねばならない金額とい
うことである。
同じく2,500万円の所得があれば、1,125万円が自分が手にすることが出来る金額
で、1,375万円は税金として国へ差し出さねばならない金額ということ。

現在の所得税の最高税率は1,800万円超は40%。

単純化すると、1億円の所得があれば、6,000万円が自分が手にすることが出来る
金額で、4,000万円は税金として国へ差し出さねばならない金額ということである


同様に2,500万円の所得があれば、1,500万円が自分が手にすることが出来る金額
で、1,000万円は税金として国へ差し出さねばならない金額ということ。

さて、1983年までの経営者にはどんな心理作用が働いただろうか?

「私は、1億円(2,500万円)も稼いだのに、7,500万円(1,375万円)も国に持っ
ていかれるのか。。。
それならば、そこまで自分の所得を増やすより、日頃よく働いてくれる従業員の
給料を上げてやるか。。。
それとも、新しい従業員を新たに雇うか、商品(材料)を多め仕入れ、あるいは
設備投資に回すかして、さらなる事業拡大を図るか。。。
国へ税金として取られる位ならそのの方がいい!」

経営者は利益計上を避け、労働分配へ、商品(材料)仕入へ、設備投資へとお金
を回す。。。

それが、次第に最高税率が下がってゆくにつれ。。。

「所得税の最高税率が下がっただけで、1億円(2,500万円)の所得とはなんと身
入りの大きいことか!
所得が増えれば増えるだけリッチになってゆく!
どうすればさらに所得を増やすことが出来るだろう?
そう、従業員の給料を下げよう!
従業員を新たに雇うのは考え物だ社会保障の事業主負担はバカにならないからな
。。。
仕入はギリギリまで切り詰めよう!
従業員全員にコスト削減を徹底させよう!
設備投資。。。今ある設備でなんとか頑張ろう!
利益を大きくするのは営利企業として当然のコトだ!」

しかし、企業がこぞってリストラ、コスト削減、結果、消費、設備投資は冷え込
む一方で企業の売上が低迷し思うように利益は上がらない。。。

さらにコスト削減に努めながら。。。

「だいたい、自分の所得税はなんでこんなに高いのだ!以前より最高税率は下が
ったというが、そもそも昔が異常だったのだ!
累進課税制度自体が気に食わない!税額は均等な消費税にするべきだ!それが公
平というものだ!
なんで稼ぐ力の無い貧乏人の面倒をみなければならない?
あいつらは、無能か、怠け者だから稼げないのだ!弱肉強食が自然の摂理!人間
の世界だって同じだ!
政府に働きかけて、消費税を上げさせ、所得税の最高税率を下させよう!法人税
の税率も下げてもらわねば!」

このような投資や労働分配への負の圧力とそれによる経済の収縮。。。
これこそが、バブルから今までの経済低迷の底流だったのではないだろうか?

国の経済の重要なステークホルダーであり、細くとも経済活動の大部分を占める
いわば”毛細血管”である一般国民。
ここへのマネーの還流が行われなければ、いくら景気刺激や金融施策を行っても
資金のダイナミックな循環は行われず、効果は限定的なものになったといえない
だろうか?


----------------------------
◎◎消費税を廃止しよう!◎◎
----------------------------

消費税に焦点が注がれているいまこそ、消費税増税反対に留まらず、

1.消費税の廃止
2.所得税の累進課税の強化
3.法人税の強化

つまりかつての税制に戻すことにより、活気ある日本を取り戻すよう声を上げよ
うではありませんか!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:かづ23
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

タマちゃんの暇つぶし

心・身・真アンチエイジング~自分の身体に耳を澄まして

父さんの倒産日記

知っとうや?

幸せに楽しむ「Happy Life」

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

みんなの早期リタイア独立宣言書

やっぱり、毎日がけっぷち

 未来に向かって Go! Go!

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR